ホーム > 現金化 > ショッピング枠を自分で換金することや業者に依頼することについて

ショッピング枠を自分で換金することや業者に依頼することについて

クレジットカードのキャッシング枠が残っていなくても、ショッピング枠が残っていればその場で現金を使わずに商品を購入することができます。
このショッピング枠を利用し、購入した商品を売却して換金する行為をクレジットカード現金化といいます。
ただし、多重債務を防止するとかカードで購入した商品は代金を完済するまでカード会社に所有権があるなどの理由から、原則として現金化はカード会社から禁止されています。
カード会社は商品券やゲーム機やブランド品など換元率の高い商品をリスト化していて、そのような商品をまとめ買いする顧客の利用状況を監視することができます。
したがって、自分で商品を売買して現金化を行おうとするとカード会社に発覚するリスクが高くなります。
カード会社に現金化が発覚するとカード利用停止になったり強制退会になったりします。
一方、現金化業者に依頼する場合はそのようなリスクは少なく、現金化を考えている人の多くは業者に依頼します。
自分で現金化を行う場合とは異なり、業者に依頼すると手数料が別途必要になります。
例えば商品を購入するときに店ごとに値段が違うように、業者によって最終的な換元率が異なります。
また、早く入金する場合に追加料金が発生する業者も存在します。
換元率80%程度で即日に現金を得ることができ、土日祝日も対応しているような優良な業者を選ぶのが良いです。
業者のホームページを調べたり、電話で問い合わせたときの対応をチェックしたりすると優良な業者かどうか把握することができます。

こちらのサイトは参考になります:口コミで人気のネオギフト


タグ :